2010年08月08日

仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

と言うわけで興奮冷めやらぬ中、早速感想をば。


まぁ、何というか、文句の付け所がなさ過ぎて、逆にコメントしづらい。

点数をつけるなら100点満点

強いて問題点を挙げるなら、開始まで30分程茶番に付き合わなければならん辺りですか。

アッチの方は、もう出オチの樋口くん位しか見所が無い。

と言うか、園崎家が壊滅したその日に、またパパンを見る事になるとは思わなかったw

昨日見に行くべきでしたね。

余裕ぶってるパパンとか見ても、ちょっと……な感じに。

っつーか、あの家、本気で燃やしてたんッスかw

と話はおいといて。

あらすじは公式で、と言う事でザクザク行きましょう。


エターナルのチートっぷりのせいで、園崎家が何も出来てないのでお話は凄く分かりやすい。

まさか、パパンすら無効化するとは思わなんだ。

話の大筋としては、「風都ライダーズvsテロ集団NEVER」と極々単純に収まっています。


見所はやはり、おやっさんの幻影からの仮面ライダージョーカーの流れ。

「どうやら「切り札」は常に俺のところに来る様だぜ!」

ってもそう、そっから格好良すぎですよ、あんた。

元々昭和テイスト漂うダブルでしたが、ガチでライダーキックにライダーパンチが炸裂するなんて……なんという燃え。

ジョーカーの肉弾戦が格好良すぎて惚れます。

あとは変身前の生身の立ち回りも非常に多い。

エンジンブレード引き摺ってぶん回す照井さんとか、エターナル相手に見得を切るコンビとか。

にしても「俺に質問するな!」の汎用性の高さはすげぇ。

ギャグでもシリアスでも締めにも燃えでも何でもござれ。


バトルシーンでは、フォームチェンジは非常に多く、恐らく全フォーム出たハズ。

バイクアクションにもバリバリ力が入ってた。

あとLJのMDもようやくお目見え。

ちょいとバレとかで話題になってた、青ナスカとウェザーは再生怪人の法則に漏れず、照井さん単騎で撃破、だったのがちょっと寂しい。

そう言えば、本編での照井さんの初登場は、青ナスカこと尻彦さんの死亡回だったっけ。

アレだけ印象の悪い登場から、完璧に二号ライダーの位置を確立してしまってるのが驚き。

今回の「振り切るぜ!」はあまりに格好良すぎた。


んで、なんやかんやとありまして、最終決戦。

怒濤のフォームチェンジで、エターナルを攻め立てるダブル。

CJXで締めようとしたその時、26本のT2メモリの力を使用し超パワーで風都タワーをぶった切り、ダブルもろともにたたき落とすエターナル(OPとかCMでバレてるあのシーンです)。

絶体絶命と思われたその時、響くはヒロイン(?)と、コレまでの依頼人達と風都の人々の声援。

「頑張れ、仮面ライダー!」

その声に応えるかの様に、風都の風は吹き荒び、ダブルに新たな力を与える。

なんでも、サイクロンジョーカーゴールドエクストリームだそうです。

普段プリズム発光してる部分が金色に染まり、背には六枚の翼が。

何というジャックフォーム。

そうして、「風」の力を得た「ライダー」に敗北など有り得るはずもなく、そのままエターナルを粉砕し、まとめてT2メモリもブレイクで、めでたく万事解決。

ちゃんちゃん。

と男の子的な見所はそんなところ。


で、後は細々としたところをダラダラと。

依頼者の女は悪女か照井に惚れるかの二択と言うジンクスに漏れず、彩姐さんもやっぱりアレでした。

でもまぁ、最終的には彩姐さんとフィリップ、の関係もまた絶妙。

だが、フィリップさん。

時間軸的に、明らかにシュラウドじゃないことくらい分かるでしょう、と突っ込んではいけない、うん。

また、お色気に定評のあるダブル。

ヒートでアイスな彼女は、ああ、素晴らしかったですよ?

それと、須藤元気の圧倒的な存在感w

よくぞまぁ、あそこまではっちゃけてくれたもんだなぁとw

ルナ的な変態さが良く出てた。

と言うか、奴が出ると他の奴が霞む勢いで存在感がありすぎた。

26連立木ボイスとか流石に、うるせぇわwww、となったり。しかも2回。

後はAKBとか細かいところでネタも色々挟んでみたり。

セルフオマージュ的な演出も多々あったり。

ああ、それと、エターナルさん。

アンタ、Eを模した三本角の癖に、敢えて\ユニコーン!/(Uni-corn)を使うってどうよ。

客演のOOOさんも程よい感じの出番と活躍。

いや、去年の夏は悪夢以外の何者でもない客演だったから、ちょっと安心。


で、サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム。

略して、CJGX!

……うん?

「サイクロン、ジョーカー!GX!」

おおぅ、SEが脳内再生されるぜ、グッと来るぜ。

とまぁ、そんな余談は置いておいて、敢えての演出だとは思いますが、六枚の翼がマフラーの様に見えたんですよね。

風都を守るライダーが、風都の「風」で得た新たな力。

ホント、「仮面ライダー」すぎて困る。

あの一連の流れは神演出すぎて、不覚にも涙腺がちょいとやばかった。

ご都合主義と笑わば笑え!

だが見よ、この燃える演出!燃える新フォーム!

ああ、見に行ってホントに良かった。



もう一回3Dを見に行っても良いくらいなんだけどさ……。

あの茶番にまた付き合わねばならんのかと思うと気が重いのがやっぱり 難点。

posted by nae at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパンが負けた!?

うそん。

テラーのメモリまで砕けちまったよ……。

赤ナスカも砕けるし、クレイドールもやばげだし、パパンは壊れるし。

残り数話でこの展開……あれ、アギト……?


にしても、見所満載。

実はデータ人間だったフィリップとか、その手で来るか的な逆転劇とか、切り札は相棒だったり、底知れぬパパンもやっぱり人間だったり、不屈の男照井竜の科学忍法火の鳥もとい、アル・フェニックス、「A」、だけにとか、どことなくファイズっぽいCJXのアクションとか。

いや、濃い三十分だった。

でもジュエル如き野良ドーパントに弾き返された、CJXMDキックで敗れるパパンってもの何だかなぁ。


さて、そろそろ行くか。
posted by nae at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九話更新。

というわけで、こんばんは。

深夜ですが、更新しました。

なんかもう、逃避エネルギー賢者タイムくらい圧倒的だと思う。


とまぁ、それはおいておいて。

第九話更新。

士郎超頑張った!

と、言うお話。

ぶっちゃけると、ここまでやる予定は無かったけど、なんかどんどんウチの士郎が強くなってくんですが……。

一応、バランスを取るようにしっかり文言を入れて描写しているつもりですが、実はこんなに活躍させる予定はなかったんです。

思いつきから、展開が広がって、整合性が取れてしまっているのよね。

まぁ、結果的にどんだけ士郎が強くなったところで、辿り着く場所は彼処なので、その意味では、どう頑張ってもインフレしないでくれるから助かる。


にしてもライダーさんが実に不憫。

実は地味にワカメ自体は一度も登場してないんだよね、この話。

あと実は、桜もだったりする。

……いや、別に恨みがあるわけでも無くてですね。

展開的に、ライダーさんが中ボス的ポジに適任だっただけなんですが。

まぁ、散々引っ張りましたが、劇中でアーチャーが触れてるように、ライダーさんとの決着ももうまもなくです。

それが終わればいよいよクライマックス!



さぁ、勉強しようか、寝ようか。
posted by nae at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | UBW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。