2010年12月19日

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE

と言うわけで、見てきました。

うん。

面白かったけど、手放しでは褒められない感じ。

ああ、やっぱ井上か。って言うそんな。

まず、ダブル。

流石の信頼と実績の三条先生と言う感じで大満足。

簡単に言えば、スカル誕生秘話です。

鳴海荘吉のおやっさんです。

いや、おやっさんマジカッケェ!

まさにハードボイルド。

蜘蛛怪人に蝙蝠怪人の取り合わせと言う正にライダーの始まりを象徴する怪人。

つくづく昭和リスペクトな演出です。

しかし、スパイダードーパントさん、歴代蜘蛛怪人でも最強最悪クラス。

スイーツとかライアーとかダミーとかその辺り程度かと思ってたら、マジで半端ねぇ。

こう言うと身も蓋もないけど、リア充爆発しろ、がこんなにえげつない形で映像化されるとは・・・。

それと犯人。

まぁ、大方予想通り。

犯人は○○って昔から言うよね。

にしても、おやっさんの相方があの相関図作ってたりとか、シュラウドがやっぱりシュラえもんで、おやっさんの幼馴染みだったり、チビ翔太郎がおやっさんカッケー!と無邪気にはしゃいでたり、相変わらずのシンバルキックだったり、潰されながらも電話に答えるおやっさんとか、色々見所盛りだくさん。

しかし、おやっさんがどこまでも格好いい。

パラロスたっくんばりの、おやっさんのおやっさんによるおやっさんのための映画。

強いて言うならば、ダブルが目立たなかったり、アクセルの出番が皆無だったりしたのが、残念。

にしても照井さん、あんさん何を早まってるんすかwww

どうも未だに所長×照井には違和感しか湧かない。


んで、オーズ。

なんつーか、話の内容自体は割と好きな部類なんだが、ハッキリ言って微妙。

「ノブナガの欲望」ってことで、信長を現代にホムンクルス(セルメダル人間)として復活させて云々。

目的が全く見えない、ノブ君の設定もイマイチ分からんし、パンツや青空とかバレーとか演出もさっぱり。

西洋甲冑やドクロ、十字架をイメージしたヤミー形態は良いセンスしてるなぁ、とは思ったけどあの蟹バサミは何だ?

あとグリード四人組は今日のカザリの凶行を見た後だとちょっと切ない。

…………。

駄目だ。

ちょっと疲れてて文章を打つ気力が足りない。

仮面ライダーコアさんもイマイチ微妙だったし、タジャドルも脈絡無しだし、CJGXも今回は正直要らんかったし。

なんつーか、ちょっと期待はずれかなぁ。

スカルは面白かったんだけどなぁ。




あと、すみません。今日の更新は無理そうです。ごめんなさい。
posted by nae at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。