2011年01月16日

第二話更新

スランプだぜバーロー!

ということで、それでも、どうにか書きました。

ぶっちゃけ、ブロークンファンタズムの便利さに頼ったバトルになってしまったのは気にしない。

もう同じ手は使用しません!

いや、あと一回使うかも。


本当は、元の流れ通り、ライダーの呼びかけで登場させてもいいかなぁと思ってましたが、セイバーの危機に立ちはだかってこそのエミヤかなぁ、と。

ヒロインの危機にさっそうと現れてこそヒーローですよね!


という感じで、そんな感じ。

あとは切嗣とはちょくちょく絡ませて、ことみーともいろいろやって、時臣とはがっちりやりあわせて、とそんな感じですかねー。

実は、今回はあんまり語ることもない。


ああ、そうそう。ジャルグの方は、魔力の流れを断つ、ということなので、既に固定化された投影宝具には無効ということでお一つ。


余の出番はもうちょっとだけ先なんじゃよ?


どうにもPCを買い換えてから、もとの環境を構築できずに四苦八苦です。

さっさと15のセットアップしようっと。

ではでは、次のお話でお会いしましょう。
posted by nae at 18:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。