2010年12月26日

ZERO一話更新

そろそろカテゴリ欄がカオス。

というわけで、日付は変わりましたが、メリークリスマス!

な感じ?

一話更新。

今回はグダグダと語らせ続けただけのおはなし。

初期案より長くなってしまったので、視点の変更が半端なのはご愛嬌。



つくづく、アーチャーは桁外れだと思うんですよね、ガチで行くと。

理論上最強と言うかなんというか。

そもそも金ピカの時点で最強の扱いなのに、ほぼ同質の能力に壊れた幻想+超威力狙撃と無限の剣製まで持ってるアーチャーが負けるのが可笑しいのではないでしょうか!そこんとこどうなのよん?

うん、ぶっちゃけHA(主に橋)のせいで、本編のバランスが崩れただけってのは言わないお約束。


しかし、ガチンコバトルロイヤルっぽいZEROワールドだと、弓の人が本気出すと、切嗣と不毛かつ陰湿かつねちっこい神経戦になりそうで嫌だ。

そもそもZEROアサシンと組んでる以上、全ての敵のアジトは筒抜けなわけで。

半径2キロ程度は確実に狙撃範囲内なわけだから、片っぱしからチュドーンしてけば問題なし。

キャスターにしたって、排水口からフルンティングあたりぶち込めば終わるでしょう。

クトゥルー的に、バルザイの偃月刀あたり持ってたらなお良し?

っつーか、開幕戦で三人揃った時点で、狙撃祭りであらかたカタがつくような気もしないでもない。

なんて、不毛なことを考えてみたり。

……なんで、負けるんだろ、本当に。


まぁ、本編の弓さんに関して言えば、

士剣→言わずもがな。
イ狂→さすがにバサカがやばすぎるのとイリヤは殺せないでしょう。
葛魔→本編のスタンス+アサ次郎が邪魔。
間騎→ワカメが表立って動かないから接触する機会も少なし
言槍→兄貴がそもそもそもそもあんまり動かないので、なかなか戦闘にならず。
言金→金ピカが終盤まで出てこないので接触する機会が殆どなし。

とまぁ、そんな感じなので本領発揮する機会がなかなかなかったり。

それでも、アレを倒して(ryだったり、黒セイバー相手に鬼神のごとく立ちまわってみたり、腕とは言え鶴翼で撃破してみたり、ナインライブズだったり、要所要所で見せ場はもってくあたり流石の一言。

……だから、それだけ強いのになんで負けるのかと小一時間(ry

まぁ、そんなことやっても話としてつまらないので、そんなことはしませんが。

次回から本格的にバトルパートに突入予定。

来年一回目の更新はどれだろうね。
【ZEROの最新記事】
posted by nae at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。