2011年01月16日

第二話更新

スランプだぜバーロー!

ということで、それでも、どうにか書きました。

ぶっちゃけ、ブロークンファンタズムの便利さに頼ったバトルになってしまったのは気にしない。

もう同じ手は使用しません!

いや、あと一回使うかも。


本当は、元の流れ通り、ライダーの呼びかけで登場させてもいいかなぁと思ってましたが、セイバーの危機に立ちはだかってこそのエミヤかなぁ、と。

ヒロインの危機にさっそうと現れてこそヒーローですよね!


という感じで、そんな感じ。

あとは切嗣とはちょくちょく絡ませて、ことみーともいろいろやって、時臣とはがっちりやりあわせて、とそんな感じですかねー。

実は、今回はあんまり語ることもない。


ああ、そうそう。ジャルグの方は、魔力の流れを断つ、ということなので、既に固定化された投影宝具には無効ということでお一つ。


余の出番はもうちょっとだけ先なんじゃよ?


どうにもPCを買い換えてから、もとの環境を構築できずに四苦八苦です。

さっさと15のセットアップしようっと。

ではでは、次のお話でお会いしましょう。
posted by nae at 18:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ZERO一話更新

そろそろカテゴリ欄がカオス。

というわけで、日付は変わりましたが、メリークリスマス!

な感じ?

一話更新。

今回はグダグダと語らせ続けただけのおはなし。

初期案より長くなってしまったので、視点の変更が半端なのはご愛嬌。



つくづく、アーチャーは桁外れだと思うんですよね、ガチで行くと。

理論上最強と言うかなんというか。

そもそも金ピカの時点で最強の扱いなのに、ほぼ同質の能力に壊れた幻想+超威力狙撃と無限の剣製まで持ってるアーチャーが負けるのが可笑しいのではないでしょうか!そこんとこどうなのよん?

うん、ぶっちゃけHA(主に橋)のせいで、本編のバランスが崩れただけってのは言わないお約束。


しかし、ガチンコバトルロイヤルっぽいZEROワールドだと、弓の人が本気出すと、切嗣と不毛かつ陰湿かつねちっこい神経戦になりそうで嫌だ。

そもそもZEROアサシンと組んでる以上、全ての敵のアジトは筒抜けなわけで。

半径2キロ程度は確実に狙撃範囲内なわけだから、片っぱしからチュドーンしてけば問題なし。

キャスターにしたって、排水口からフルンティングあたりぶち込めば終わるでしょう。

クトゥルー的に、バルザイの偃月刀あたり持ってたらなお良し?

っつーか、開幕戦で三人揃った時点で、狙撃祭りであらかたカタがつくような気もしないでもない。

なんて、不毛なことを考えてみたり。

……なんで、負けるんだろ、本当に。


まぁ、本編の弓さんに関して言えば、

士剣→言わずもがな。
イ狂→さすがにバサカがやばすぎるのとイリヤは殺せないでしょう。
葛魔→本編のスタンス+アサ次郎が邪魔。
間騎→ワカメが表立って動かないから接触する機会も少なし
言槍→兄貴がそもそもそもそもあんまり動かないので、なかなか戦闘にならず。
言金→金ピカが終盤まで出てこないので接触する機会が殆どなし。

とまぁ、そんな感じなので本領発揮する機会がなかなかなかったり。

それでも、アレを倒して(ryだったり、黒セイバー相手に鬼神のごとく立ちまわってみたり、腕とは言え鶴翼で撃破してみたり、ナインライブズだったり、要所要所で見せ場はもってくあたり流石の一言。

……だから、それだけ強いのになんで負けるのかと小一時間(ry

まぁ、そんなことやっても話としてつまらないので、そんなことはしませんが。

次回から本格的にバトルパートに突入予定。

来年一回目の更新はどれだろうね。
posted by nae at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。