2011年03月27日

今迄お疲れさまでした。

ひさしぶりに更新できたので、意気揚々と告知しようと思ったら、閉鎖ってなんですか!?

というわけで、みなさんお世話になっただろう、全自動月姫Linksさんが去る2011/03/04に閉鎖してらっしゃった様です。

まほよもこれからだってのに・・・。

ともかく、お体には気をつけてください。

これまで大変お世話になりました。ありがとうございました!


ところで、代替サイトってあるのかしらん?え、無ければ作れば良いじゃない?PHPすら読めませんが何か。



というわけで、みなさんお久しぶりです。

まだまだ原発は予断を許さず、被災地では非難してる方々も大勢居ます。

そんな状況ではありますが、幸い私の方は、色々、本当に色々在りましたが、どうにかこうにか一段落ついたので、サイト更新を再開したいと思います。

とは言え、だいぶ長いこと書けてなかったので、リハビリから進めていこうかと。

というわけで、リハビリテーション第一弾。

「as for her , where is hers?」

ざっくり意訳すると「ならば、彼女のは?」

更にニュアンスまで訳すと「(桜の味方が彼だというの)ならば、彼女(にとって)(味方)(どこに)

というわけで、既におわかりだとは思いますが、HFのセイバーを救うぜ、ヒャッホイ!がテーマです。

んで、セイバーを救えるのはコイツしか居ねぇってことで白羽の矢がたったのが我らがエミヤさん。

正義の味方を捨てた士郎に対して、どう考えてるのか、ソレを受けてエミヤはどう考えたのか、んでもってセイバーをどうするか、という感じで話を作った感じです。

HFの流れでセイバーを救うには、ライダーや士郎じゃどうにもならんのでライダーさんの代わりにエミヤを捏造生存させた結果上手くまとまったかな?とそんな感じ。

しかし、なんでウチのライダーさんはこんなにも不遇なのだ……?




で、私、HFがぶっちゃけ嫌いでございます。

いやね、ナインライブスとか、食うか!とか、キリエ・エレイソンとか、色々見所はあるんだけどさぁ、どうにもこうにも素直に没入できないというか、やりながら違和感が付き纏うというか。

ホップ、ステップと来て、さぁ、ジャンプだ!と思ったら、いきなりマラソンが始まったような感じですかね。

思うに、Fate,UBWと貫いてきたものを、全てちゃぶ台返しされちゃったからだと思うんですよね。

それが目的のルートとは言え、最終ルートでそれをやっちゃ不味いのではないかと。

例えば、
Fateで前提となる生き様を綺麗な形で見せ、
HFでソレをひっくり返して見せて、
UBWで理想の果ての現実を見せた上で、それを貫くか、人として生きるかの二択を迫れば素直に行けたのではないでしょうか。
結局最後に越えるべきは自分だしね。

無論、正義の味方、理想の扱いでちょっと引っかかるモノが在るのも事実ですが、ソレ以外でも色々と。

セイバー、兄貴、アサ次郎、キャス子、金ピカ、葛木のあまりの扱いの酷さ。

それまでラスボスを張ってきた金ピカや、直前のUBWでかっこ良さを魅せつけた兄貴と次郎と葛木、バリバリ暴れてくれたキャス子が全てカマセor速攻退場。

メインヒロインかつ最初のヒロインであるところのセイバーなんか見せ場もなく退場したと思ったら、対して美味しくもない黒化。

それの代替が、真アサシンなんて地味ーな忠義者とライダー姉さんのちょっとした活躍とマーボー。

釣り合うわけもねぇってなもんですよ。

ソレまでのルートでいい意味で、活躍や印象が刻まれちゃってる面々の扱いの悪さは結構致命的だと思うのですよ?


んでもって明かされる桜のあまりに陰惨すぎて悲惨な過去と現状。

これのおかげで、FateとUBWの結末にすらケチが付いてくるという。

もちろん、全てを救えるなんて話しが在るわけではないのでしょうけど、それでもそれでも・・・あまりに陰惨すぎるだろうが、マキリのジジィ!

しかもなんか憎み切れねぇ風の退場しやがるし、こんちくしょう!

というわけで、そんなHFに少しでも抗ってみようかなぁというコンセプトもあったり無かったり。


これからもよろしくお願いします。
posted by nae at 03:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

みなさんご無事でしょうか

私もようやく部屋の復旧が一段落して、PCを立ち上げることができました。

部屋が水浸しで、本棚食器棚等々全滅の状態でしたが、辛うじて寝るスペースだけは確保できたので、ひとまず安心です。

昨日、一昨日と避難所で夜を明かしましたが、こちらではようやく電気が少しずつ復旧してきて居るようです。

できるだけ節電はしなければならないのでさしあたり文字通りの生存報告まで。


此度の震災に関連して嬉しい話、悲しい話、怖い話、腹の立つ話、色々とありましたが、無傷で生きていられるだけマシと思い、明日から勤務です。……はぁ

ともかく、今も不安な思いをされている方々のためにも、何かやる余裕がある人間がやれることをやるしか無いのでしょう。



あと、とりあえず、フジテレビは潰れやがれ本気で。
posted by nae at 19:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

どうも。生存報告だけですが、色々と

というわけで、こんにちは。

業界試験が間近なので、更新もできないのですが、せめて、みなさんのコメントには答えようと。


えー、

ランサーがフェイカーって言ってるのに違和感。

ごもっともです。

無理やり言わせたというか、ぶっちゃけ、本編と絡ませたお遊びってだけな話なんで、そこまで深い意味は無いのです。

金ピカの言う「贋作者」という意味ではなくて、あくまでアーチャー自身を「偽物」と評してるだけなのですね。

それだけだと、単なる「フェイク」ですんじゃうので、もっと言うと、

挑発の二槍⇛付け焼刃の模倣⇛偽物の技⇛「フェイク」の技を操る物⇛フェイカー

という文脈です。

なので、贋作者というよりは、似非騎士、似非槍兵的なニュアンスを含んだ「フェイカー」です。

三騎士の一角の癖に乱入してくんじゃねーよ、この騎士の風上にも置けん奴め、的なニュアンスも、あるつもり。

投影を見破ったとかそういう話ではないですので、あしからず。


容疑者Xについて。

なるほど。原作を読んでみます。

面白いと言われても、個人的には最後が腑に落ちなすぎて台無しでしたが、そういう裏があったのですね。

っつーか、ガリレオ要素を削ってでもそこは盛り込むべきではないのでしょうか・・・。


ZEROアニメ化。

いまさらですが。

・・・そういえばUBWもまだ見てないっけ。

来月の連休でらっきょともどもまとめて借りてこよう。


んー、さしあたり、ランスロットとランサーと余と我と萌えキャラウェイバー君さえ見所あれば良いや。

力・・・もとい、切ちゃんにはちょっと感情移入できないのぜ。

いや、あの切嗣に感情移入できる方がスゲーと正直思うが。

正直、ことみーに感情移入するより無理ゲーだと思うの。

というわけで、せっかくだから俺は他の男どもを選ぶぜ!

当時の虚淵さんはバッドエンド症候群の真っ盛りだった訳ですが、どう見てもウェイバーとライダーに関してはハッピーエンドです。本当に(ry。

というわけで、この二人にフォーカスしてくれると超俺得。

あとは、かっちょよく悲惨なグリリバと悲痛な狂気の塊のオッキーさえ聞ければおk。

とそんな感じ。

我はどう転んでも我だろうし、放っておいても我っぷりは魅せつけてくれるだろうしね。

あ、やろーの話ばっかりですが、間違っても腐男子じゃないですからね。

90年代に幼少期を過ごした身としては、スラダンとかDBとか幽白とか勇者シリーズとか平成ガンダムとかでよく聞いた声は別格ってだけですからね?


と、まぁ、こんなところでしょうか。

ぼちぼち続きは書いているので、しばしご猶予を。

まぁ、2月3月と繁忙期なんだけどねえええええええええええええええええええええ!!!!!!!

……はぁ。


んー、あとそうね。

そういえば、そろそろFateの季節、作中時間な意味で。

これを気にもう一回プレイしてはいかがでしょうか!?

……そう言えば、まだヌアの方クリアしてねぇ。

ボイス有りだとプレイ時間が長くて困る。

文字を読むのはかなり早い方なので余計に長い。

あと、個人的にセイバーの声にひどく違和感。

川澄さんは嫌いじゃないんだけど、俺の中のセイバー像とは微妙にズレてるのよね。

もっと、こう、何というか、何というか、こう、なんだ・・・可憐さが欲しい?

いや、少年王としてはアレで正しいのだけども、セイバーとしてなら個人的にはもっとこう艶というか、彩というか、こう、ねぇ?

んー、むずかしいよねぇ、中の人って。

例えば、某スパイラルカオスなんかは、あのお方がアレの中の人ってだけで、買うの見送ったし。

え?誰のことかって?

そりゃもう、我らが柚ねぇに決まってるじゃない。

何が悲しゅうて、一番好きな声優さんが一番個人的に受け付けないデザインのキャラのゲームをやらねばならんのよ。

その意味で、メルブラやうたわれは最高だね!

となんだ、余計な語りが長くなりましたが、柚ねぇ最高!ってことで。

次回更新までしばし、お待ちを・・・。

posted by nae at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。