2011年01月09日

容疑者Xの献身

うーん。

さっぱり分からない。


というわけで、昨日の土曜プレミアでガリレオシリーズの映画作、「容疑者Xの献身」を見ました。

堤真一の圧倒的なまでのオーラの無さの演技と「天才」らしい紙一重っぷりの演技に脱帽。

トリックに関しては、アリバイトリックと見せかけて〜までは分かってましたが、そのために「○○を増やす」ってとこまでは発想できなかった。

先入観って怖い。

というわけで、全体としてはなかなかいい作品でしたが、オチで個人的には台無しな感じです。

誰とは言わないけど、真犯人の行動がまるで理解出来ない。

あれじゃ、単なる自己陶酔してるだけの弱すぎる人間だろう。

うん、そんなんだからあの糞○○○に付きまとわれるんだろうけどね。


無償の愛、無償の献身が重いってのも分かる。(厳密には無償じゃないけど)

罪の意識が重いってのも分かる。

殺人の罪に苛まれるのも分かる。

でもそこは、それでも苦悩しながらも、フリだけでものうのうと幸せを謳歌するべきだろjk。


あんたがそんな事したら娘の未来はどうなるの。

あんたがそんな事したら容疑者Xの献身と想いはなんだったの。

あんたがそんな事したら○○された歯車さん(仮称)はなんだったの。

一瞬でも考えたのでしょうか。


あー、さっぱり分からない。

何もかも台無しにしてまで罪を背負う意味が分からない。

むしろ台無しにする方が圧倒的に罪深い気がしてならない。

殺人を犯したことはもちろん罪だし、許されることじゃないし、無論償うべきだろう。

でも、だからってその償い(失笑)と言ってしまってもいい行動はなんなのよ。

弱い弱すぎる。

人間そこまで強くないのも分かるけどさ、そこはせめて「強くあろう」とするべきだろ。

まるでそんな姿勢も意思も見えないで、結局、あんな最後だし。

そりゃ、卑怯な人間だって自己嫌悪するだろうし、のうのうと生きてる自分が汚い人間だと想い続けなきゃいけないってことも辛いだろうさ。

でも、それでも、アレだけの思いの上で、アレだけのことをやってのけた容疑者Xを思ったら、あんな行動は取れないと思うんだよなぁ。


卑怯な理論かもしれないが、極端な話、罪を償うってのは裁かれるだけじゃないし。

弁当屋で多くの人のために働き続けるってのも償いだろ?

いづれ出所するであろう容疑者Xのために、その日が来るまで容疑者Xが報われるように頑張り続けることだって償いだろ?

一切献身に報いる意識も無く、頼りっぱなしで、あの終結じゃなぁ。

本当に分からない。

トリックがバレて死体が上がったら、娘が殺人幇助したことだってバレちまうだろjk。

あんたの娘、あの糞野郎のせいで一生殺人者の烙印押されるんだぞ?

っつーか、あんなとこでわざわざ罪を償おうなんて思うなら最初っから自首しろし。

それならそれで、情状酌量の余地だってあったろうし、いづれ出てきた時に容疑者Xが支えてくれたろうし。

それが、あんな事やってからの自首じゃ、犯罪隠蔽の意思ありとみなされちまうって罪は重くなるし、容疑者Xだって殺人罪の死体遺棄で無期だろjk。

ぶっちゃけ、あのエンディングがこの事件における最悪のエンディングでしょ?

考えれば考えるほど、単なる自分勝手な自己陶酔の刹那的行動しか取れない女じゃないか。

本当にこの一言に尽きる。

さっぱり、分からない。
posted by nae at 07:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

正直コラだと思う

まぁ、年明けたし、OG3の情報でもきてるかなぁ、とふと覗いた某掲示板某板。

真っ先に飛び込んできたのが、

「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

まぁ、前々からあったし、ド本命と思いつつ、開いたら、

機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
新機動戦記ガンダムW(TV版)
機動新世紀ガンダムX
∀ガンダム
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
☆機動戦士ガンダムOO 1st season
無敵超人ザンボット3
無敵鋼人ダイターン3
無敵ロボ トライダーG7
戦闘メカ ザブングル
宇宙大帝ゴッドシグマ
宇宙戦士バルディオス
六神合体ゴッドマーズ
☆装甲騎兵ボトムズ
☆装甲騎兵ボトムズ ザ・ラスト・レッドショルダー
☆装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
☆装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ
超獣機神ダンクーガ
獣装機攻ダンクーガノヴァ
超時空世紀オーガス
THEビッグオー
OVERMAN キングゲイナー
超重神グラヴィオンツヴァイ
創聖のアクエリオン
真(チェンジ!!)ゲッターロボ〜世界最後の日
マクロスF
☆劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜
☆コードギアス 反逆のルルーシュ
☆地球防衛企業ダイ・ガード
☆天元突破グレンラガン
☆劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
☆真マジンガー 衝撃!Z編
☆交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

…………。

多いよ!
長いよ!
00にギアスにFだ。フルメタはどこだよ!?
ボトムズだよ!?
ダンクーガそろい踏みだよ!
真ゲに衝撃な御三家と思ったら、TV版Wだと!?
マジでいつ以来のTV版。アーリィタイプとか隠し機体で居る予感。
Wから居るので居るだけ参戦とはならんでしょうけど、何このスーパーテロリスト大戦。だからフルメタは?
で、ひときわ異彩を放つダイ・ガード。……ダイ・ガード!?
あのある意味究極のリアル系ロボットアニメなんかだして大丈夫かw

で、まぁ、恐らく今回の目玉枠は、


天元突破グレンラガン


ゾイドと人型の壁を超えたと思ったら、コナミの壁まで天元突破ですよ。いつかはジェフティまできてくれるって信じてる!

もう残る壁なんで王子の壁とエロゲの壁くらいですか?あと、TF。TFのせいで勇者の参戦が一向に進まないんだよね。
まぁ、戦争する勇者はみたくないけど。


んで、びっくりしたのがPSPで発売ってことですね。

まぁ、ガチで次世代機で2Dドットスパロボなんてやった日にゃドッターが何人死ぬか分からんからしょうがないっちゃしょうがないんですが。

ただ、PSPでの進化の方向って、PS2の延長でしか無いのがつまらない。

DSは性能とディスプレイの解像度のギャップを活かしたムゲフロに代表される美麗カットインの方向で突き詰める手もあるし、その性能を純粋に動きに向けても良いしで、色いろあるんですけどねぇ。

まあ、気長に続報を待ちます。


あ、月光だけはカンベンな。本気で、切実に、ガチで、真剣に。頼んだよテラーダ。
posted by nae at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

届いちゃったよ

あんなこと書いたその日にwww

というわけで、

祝☆1000!!

4桁ってすげー。


っと言うわけで、皆さんありがとう。

まだまだ頑張るよ!



んで、前回から、

「エミヤを持ち上げすぎだろjk(意訳)」

なんて意見をちょくちょくいただいておりますが、うん、表現って難しい。


FBSの方はぶっちゃけ後付のこじつけ設定なので、いわゆる「エミヤSUGEEEEE」なんてする予定は一切御座いません。

逆行させるための理屈なんて「世界」に動いてもらうしかないんだもん・・・。

「世界」に動いてもらうには、あんくらいやらないと自分で納得できないんだもん・・・。

って言うそれだけなんですよねー。


ZEROの方は書きながら「今回も言われるよなぁ」と思ってはいたのですが、事実その通りになっちゃいましたね。

その辺り指摘してくださるのは有り難い限り。まだまだ、筆を磨かねば。

ほぼ本家と同様程度の描写にするつもりなので、別にすげー!する気も無いのです。


で、まぁこの辺り微妙なお話になる訳ですが、らっきょ、月姫、Fateの世界観をほぼ共有する奈須ワールドの各お話を総合すると、パワーバランスがつくづく分からないから表現も難しい。

影猫にフルボッコ、「封印指定の人形師」橙子さんのスペア人形の存在に動揺しまくる赤ヘタレも一応優秀な魔術師。
で、そんな比較的描写が大人しめのらっきょの橙子さんとガチで殺り合う先生がアルク相手に3:7と言う事実。
死徒最強ランクの二十七祖の教授のメインウェポンが、反転志貴に虐殺ショーされるがくがく動物ランド程度の上に渾身の一撃すらあっさりとカウンター取られる有様。
鯖とも一応やりあえる(らしい)先輩をフルボッコにするネロアさんとほぼ同様のスペックと思われる春男と真っ向勝負する志貴。
同様に鯖とやりあえる(らしい)MAXを相手にほぼ互角の戦いを繰り広げる一応純粋人間の黄理パパン。
弱体化してるとは言え最強候補のぶち切れアルクですら時速数百キロ程度の表現でありながら、その1/4程度のハズの鯖の皆様方の異常な身体能力。
と思いきや、何故かわざわざバイクに乗って追跡を行うセイバー。
かと思えば、純粋な技能だけでサーヴァントを捌いて見せる葛木ですら、圧倒され、セイバーやバサカ、兄貴ですらまともに戦えない金ピカの宝具斉射を、解析→投影→射出の工程を踏んだ上で完璧に相殺して見せる士郎。
と思ったら、約900kmの弾丸を魔術込みの生身でそらす程度で「何だこの化物は(意訳)」と驚愕する切嗣と、決死の覚悟でそれを成す若言峰に劣る本編言峰ですらなんだかんだんでアサシンとやりあえてしまう不思議。
で、そんな化物若言峰に三倍速程度の体術で匹敵してしまう謎。


とまぁ、こんな感じで考えれば考えるほど迷宮入り。

うーん、なんてグッドカオス。

基本的には既存の作品とほぼ同じ程度のバランスで描くつもりですが、この辺りの尺度は本当に人それぞれ何ですよねぇ。

なんともまぁ難儀。
posted by nae at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。